保護仔猫らな 人工飼育の成長・備忘記録 8/7 – 8

8/7(月) 保護31日目 (生後約 37日目)

ハリネズミのぬいぐるみと遊ぶようになった。

目やにや体調の変化は見られない。

ミルク+ドライフードもすぐに食べるようになった。

しかし、まだ哺乳瓶を見ると乳首部分を求めているのか、吸い付こうとして倒す。

猫ハウスより外に居る時間がかなり増えた。

体重 500g

8/8(月) 保護32日目 (生後約 38日目)

投薬終了。

体重が増えていないので、カロリーを増やすために置餌に粉ミルクをかける。

粉ミルクかけご飯は、顔にミルク粉を一杯つけるのですぐにやめた。

栄養の吸収が悪いのであれば、それに対応した食餌(療法食 セレクトプロテン 獣医に許可済)があるので与えることにする。

もしかしたら、、成長しても2kg~3kgぐらいの、小柄な猫なのかもしれない。

親が分かればなー ある程度予測できるが、、こればっかりは仕方ない。

視力が良くなってきたのか、約70cm離れた場所から指を左右に移動させると、目で追い出した。

猫白血病ウイルス(FeLV)と猫免疫不全ウイルス(FIV)の検査をうけた。

検査の結果は陰性。検査キット及び検査表はこちらから。

猫白血病ウイルス・猫免疫不全ウイルスの検査については、ネットには色んな情報があるが、検査する動物病院に確認したほうが良いと思う。

使用する検査キットが違うのだろうか?ネットの情報と検査をうけれる時期についてはかなり差があった。個体にもよるのだろう。

使用キット IDEXX Laboratories,inc

猫白血病ウイルス感染症 潜伏期 2~4週間

【感染経路】 血液、唾液、涙そして糞尿などに含まれ、感染経路が多く、うつりやすい伝染病。同じ食器・グルーミング・じゃれあい等、長時間に及ぶ密接な接触によってうつる。人間にはうつらず、猫属にしか感染しない。

猫免疫不全ウイルス感染症 潜伏期 3~8週間

【感染経路】血液・唾液に含まれ、陽性の猫とのケンカで噛まれたりするとうつる。人間にはうつらず、猫属にしか感染しない。

上記の感染症について、詳しくは日本臨獣医学フォーラムへどうぞ。

保護開始(隔離期間)から4週と3日。白血病は検査するのに問題ないが、猫エイズがな。だが、猫エイズより白血病の感染力・症状が怖い。

今回うけた検査キットを信用し、猫免疫不全ウイルス感染症のリスクはまだあるが らなの猫への社会化を育む事にする。

猫の社会化の研究では5~7週齢を中心に、おそらく2~9週齢(種間は3~6週齢が重要)、成体まで継続(学習効果)する躾けは一般的に6週齢まで。

5~6.5週齢の間に人間が仔猫と触れれば、将来、人見知りをしない、ほとんど人を恐れない猫に育つ効果がある。

あくまでも、現時点での研究だから、今後、変わる事は十分にある。それに個体差もあるので全てに対して同じと思わない。

それでも、まやの現時点での行動を見る限り、大きく違うとも思わない。

らなもまやと同じく基本的に現時点までの研究を参考にした。

現在、まやの問題行動。すぐ私を鳴いて呼ぶ行動を修正している事から、らなの活動を助長する環境も配慮し、ハンドリング以外は監視モニターで様子を見る時間を増やした。

あとは、猫達が色々と躾けてくれると思う。そして、らなも猫達を見て学習する。

私から離れ、次の飼主さんの元で、一緒に楽しく暮らしてくれるだろう。

これで「保護仔猫らな 人工飼育の成長・備忘記録」は終了。

続きは、猫部屋日記にて動画・ブログにします。

【参考図書】

  • 猫の行動学 行動特性と問題行動
  • ドメスティックキャット その行動の生物学

 

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
  1. 1. みけ【三毛猫】

    みけとしぴ
  2. 6. める【アビ-ルディ】

    ねずみは渡さない仔猫める
  3. 猫部屋の猫達

    押入れのリフォーム
  4. 5. まや【茶白】

    アクロバットな猫達
  5. 5. まや【茶白】

    狙っているまや
PAGE TOP