ふくの検査結果

保護猫ふくの猫エイズウイルス感染症(FIV)と猫白血病ウイルス感染症(FeLV)の検査結果です。
※どちらかが陽性であれば、人との社会化だけで、他の猫達と接触は一切せずに引渡しまで預かる予定です。

陰性ならば、猫部屋で猫との社会化を育み、甘噛等、猫達と一緒に暮らす事を覚えてもらいます。

ふくの検査結果から、

FIV・FeLV 共に陰性。

※検査キットは病院から持ち出し不可なので写真のみ。

今回の検査では、猫エイズ(FIV)は、陽性に変わる可能性もありますが、猫白血病(FeLV)は陽性に変わる可能性は、ほぼないと思われます。
※使用する検査キットによっては、子猫の検査結果は潜伏期間等で100%では無いです。
 陽性の猫との接触が無い状態で一定の期間(去勢・避妊手術時等 生後半年ぐらいを目安)確実に結果がでると思います。

これで、ふくの猫への社会化を育める。

予定通り、猫部屋でトレーニングを始める

週齢も推定だが、社会化に必要な週齢に間に合うだろう。

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  1. 3. しぴ【薄灰-トラ猫】

    膝の上のしぴ
  2. 1. みけ【三毛猫】

    ちゅーる 2018冬
  3. ここ【キジトラ】

    Cocoの検査結果
  4. 3. みみ【灰-トラ猫】

    アビシニアンと猫団子する猫みみ
  5. ふく【三毛猫】

    子猫ふく 体調を崩す
PAGE TOP